飯能はいいのう④

今日のランチは飯能

(飯能シリーズ④回目!)

焼き菓子・自家製酵母パンとコーヒー

LIVING ROOM 61

手作り感あふれて飯能の山の中にピッタリ

Living Room 61

飯能の山の麓にある「飯能の山キリスト教会」の中村牧師とその奥さまが運営している、同教会併設の木曜のみ営業の小さなカフェです。

写真は開店前

お店のカワイイ窓から

パンスコーン キッシュなどはテイクアウトで購入出来ます。

木曜日のみ営業のためか、テイクアウトのお客様が続々と来ていました

お店の外観も癒されますが店内は、もっと癒されます

店内は温かなオレンジ色の明かりに包まれアメリカン・カントリーインテリア

静かに流れる音楽はカントリー・ブルース

お食事を頂くテーブルの土台は昔の足踏みミシン(東日本大震災後に福島県いわき市の方から譲り受けた様です)

注文したのは

スパイシーカレーランチ(本当にスパイシー!)

雑穀米にたくさんの野菜と厳選したスパイスをグツグツ煮込んだ特製キーマカレー。サラダ付き。

トーストランチ( ツナとオリーブのチーズトースト)

ただのチーズトーストと思って食べたら めちゃくちゃ美味しい

コールスロー(カレー味?)と この日はチリビーンズ付き

デザートは

スコーンセット

プレーンスコーンクロテッドクリームジャム(この日は洋ナシとバニラのジャム。スプーンでそのまま食べちゃうほど美味しい!)

wikipedia. クロテッドクリーム

カフェに使うコップはファイヤーキングです

キンバリーマグフラワープリントのカップ

wikipedia. ファイヤーキング

ファイヤーキング 1個は欲しいですよね~

よく木の棚に飾ってあるのを見かけます。私はハマるのが怖くて未だに購入せず。。

↓↓↓↓ Amazon でも販売中~

ぽってり感がカワイイ!エキストラ・ヘビーマグ ジェダイ
置いておくだけで絵になる。メジャリングカップ

ファイヤーキングアメリカのアンティーク。と思っていたら 

ファイヤーキングジャパン という会社があるらしく

Fire-King Japan
ファイヤーキングジャパン

**1941年、アメリカ・オハイオ州ランカスターにある耐熱ガラス食器メーカーの先駆け Anchor Hocking Corporation で、Fire-King は生まれました。1986年にアメリカで生産終了したミルクガラスの Fire-King は時を経て、Anchor Hocking とのパートナーシップのもと、2011年より日本でハンドメイドで製造しています。**

https://fireking-japan.com/

当時と同じ製法は難しいと言われていたのに 日本人の熱意技術でファイヤーキング製品を復活させてしまった!なんて スゴイですね。

飯能の山の麓のカフェ LIVING ROOM 61

料理は美味しいし お店にあふれる愛に癒されます 木曜日は飯能へ~

*ちなみに料理は出てくるのに多少時間がかかるので ゆっくりと過ごす時にオススメです!

トレーのせいか 写真では給食感が!

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です