クレームアメリ②

映画「アメリ」

(原題: Le Fabuleux Destin d’Amélie Poulain, 「アメリ・プーランの素晴らしい運命」の意)は、2001年4月に公開されたフランス映画

がど~しても気になり20年?位振りに 改めて映画を じっくり観ました。

感想は。。。

最高の映画です!

観た事な~い!(by チョコプラ) って人は ぜひ観てみて下さい

こんなお部屋 憧れます

パリジェンヌらしいファッションインテリアフランスのエスプリの効いた会話ストーリーパリのモンマルトルの街並み。

パリの地下鉄のホームに響き渡るシャンソン

(サントラに収録されている14曲目 FREHELの

『SI TU NETAIS PAS LA シ・チュ・ネテ・パ・ラ ~あなたがいなければ』)

これは ロケ地巡りしたくなりますわ。。。

私が特に好きなシーンは

大嫌いな八百屋の主人の革靴の靴紐を片方だけ 麻ヒモに変えちゃうところ!

盲目の おじいさんにアメリが地下鉄の駅まで 町の様子を生き生きと説明するところ。盲目で真っ暗だった町がカラフルに感じる。

八百屋の従業員リュシアンが「コリニョンはトンマ」と狂った様に繰り返すところ。リュシアンの「ルノワールの絵画 舟遊びをする人々の昼食」の模写の絵がカワイ過ぎるところ!

.wikipedia. 舟遊びをする人々の昼食

こちらルノワール作
こちらリュシアン

この絵 かわい過ぎるやろ~

アメリが「私 このままの孤独な人生は もう嫌!!」っと内気な自分の殻から出る決意し 勇気を出して行動する。

「もし 上手く行かなかったら? Tant pis. (その時は しょうがない!)」

そして周りの人々を幸せにする

他人を幸せにした事でアメリも幸せな気持ちになり 今まで感じた事のない愛に溢れる自分を感じる。そこで 初めて恋をする。相手を愛おしいと感じる。

結局は愛ですね

P.S.

実は 私 フランスが大好きで4年程 フランス語学校で働いていた事があります。フランス語 全然しゃべれないくせに(英語も)働く勇気ってスゴイ!と自分では思っています。(私を採用した会社の勇気の方がスゴイかも。。。)

アメリの映画はフランス語の勉強にもなり とっても楽しめます!

ラストシーンで同じアパルトマンに住んでいる おじいさんが アメリに言いました。

「このままだと 年をとった時に わしみたいになってしまうよ。勇気を出して 今すぐ大好きな彼を追いかけろ!」

「 Alros, Allez-y !! (さあ!行け!)」

やっぱり人生には勇気って必要なんですね~

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です