狂言の夕べ

今回、知人から招待を受け

野村萬斎 「狂言の夕べ」

に行って来ました!

野村萬斎さん といえば 映画「陰陽師」で有名ですね

.wikipedia. 野村萬斎

Amazonでも発売中。映画「陰陽師」

狂言の舞台を観るのは たぶん中学生時代の社会科見学?以来です。

社会科見学で行った時の演目は附子「ぶす」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%84%E5%AD%90

その時の印象は「ぶす」なんて おもしろい演目の名前だな~。ふ~ん。というものでした~。(中学生ですから)

ちなみに附子「ぶす」とはトリカブトの事らしいですね。

wikipedia.トリカブト

そして 今回観た演目は「盆山」「萩大名」

狂言 理解出来るかな~と思っていたら 演目の始めに出演者の方による解説あり

1つの演目が約30分と短い&(猿楽の滑稽味を洗練させた)笑劇 だったので楽しめました

wikipedia. 猿楽

そもそも 狂言=笑劇 だという事を初めて理解しました。。。

wikipedia. 狂言

狂言を観ていて気になった事が2つあります

①大名の長袴

時代劇で良く見る袴ですが 何であんなに歩きにくい袴を わざわざ履くのか?

*私だったら 毎日これを履いて生活しろ と言われたらキレそうです*

(もしかしたら常識なのかもしれませんが、私は知らなかったので調べました。)

**あえて不便な装束を着用させ大名の動きを制限することで、将軍に謀反を起こさせないようにした。 大名もこの不自由な装束を着けることで、謀反の意思がないことを示した**

もしかしてパワハラ上司

②狂言に余り詳しくない観客は 理解出来ない聞き取れないセリフもある。

狂言を観に行く前にYouTubeDVDなどでストーリーセリフなどの知識を入れておくと、演者の演技の違いや間合いになどに集中出来るので、お笑いライブ感覚で もっと気軽に楽しめそうです。

Amazonで発売中。野村萬斎What is 狂言?改訂版
狂言師 野村万作・萬斎 DVD-BOX

650年続く日本の文化。大切にしなければですね。


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です